マンション・一戸建ての逆オークションサイト - 住宅ナビ -特許出願済み

不動産投資の楽待
住宅 > 最新住宅トレンド&ウォッチ > バリアフリー住宅

バリアフリー住宅

バリアフリーとは?
安心して暮らせる住まい
バリアフリー住宅とは、階段や浴室に手すりを取り付けたり、床や玄関の段差をなくすなど、生活の障壁(バリア)となるものを取り除き、高齢者や障害者が快適に自立した生活を続けることのできる住宅のことです。
これから迎える超高齢化社会に備えて、お年寄りから子どもまで安心して暮らせる住まいを考えてみませんか?

※関連用語:ユニバーサルデザイン 住宅版エコポイント 

楽待掲載物件での「バリアフリー」
「住宅の楽待」でご紹介しているバリアフリー物件は、各不動産会社が住宅内にバリアフリー関連の設備があると判断し、「こだわりポイント」として選択している物件です。どのような設備が、どの程度充実しているのかは明記しておりません。
内見の際にご自身の目でバリアフリー設備を判断し、さらに必要とされる設備や今後予想されるであろう改修工事を想定し、予算も含めて総合的に判断されることをお勧めいたします。
専門業者に相談し、アドバイスを受けながらの住宅選びも一つの方法かもしれません。

【内見時のチェックポイント】
1.事故防止
・つまづいたり、転んだりなどの事故を防止するために、床はフラット(段差なし)になっていますか?
・滑りやすい浴室や浴槽の床面は滑りにくい素材になっていますか?
・トイレや浴室、廊下や階段などに手すりが付いていますか?

2.操作性
・電気のスイッチや蛇口のレバーは、力をかけずに簡単に切り替えができますか?
・高齢者の寝室の近くにトイレがありますか?
・縁が低く入りやすい浴槽ですか?

3.将来の不安要素(万が一、車イスになった場合のことを考えて)
・ドアは引き戸になっていますか?
・電気のスイッチは低いですか?手が届きますか?
・幅広の廊下ですか?
・部屋・浴室・トイレなどの間口は広いですか?

バリアフリーリフォームのポイント
1.浴室のバリアフリー化
入浴は体を清潔にするとともに心身をリラックスさせるためにも大切なものです。安全に出入りできる浴室環境を考えることが大切です。
浴室は水濡れ、石鹸、洗面器など転倒の原因となるモノが多い危険な場所です。 無防備な裸であること、一人で利用することからも、特に安全性に配慮する必要があります。滑り止めや手すりが必要です。

2.廊下のバリアフリー化
廊下のバリアフリーリフォームの基本は、まず敷居などの段差をなくし手すりをつけることです。
また、他の部屋との明るさの差が大きくならないように明るめに、何ヶ所かで点灯できるようにスイッチの検討も必要です。

3.階段のバリアフリー化
大きな事故につながりやすいのが階段です。安全性を第一に考え、位置、形状、材質を決めることが大切です。
手すりはできるだけ両側に設置し、足元に影を作らないように照明を計画します。また、踏み面の滑り止めも忘れないでください。

【バリアフリーの改修工事例】
※写真提供:株式会社スクウェアコーポレーション

●階段や玄関などの段差部分やお風呂場などの滑りやすい部分に手すりをつけます。
バリアフリーの改修工事例


●ドアを引き戸にリフォームし、体にかかる負担を解消します。
バリアフリーの改修工事例

助成金制度について
1.制度の目的
高齢者のいる世帯に対し、次の効果を得るために住宅の改修費用を給付して、在宅での生活の質の確保を図ることを目的としています。

(1) 転倒予防
(2) 動作の容易性の確保(痛みの軽減)
(3) 行動範囲の拡大の確保
(4) 介護の軽減
(5) その他市区町村が必要と認める内容

2.対象者
65歳以上の高齢者で次に該当する方です。
(1) 住宅改修予防給付  介護保険制度の要介護認定で、判定結果が非該当の方。
(2) 住宅設備改修給付  要介護、自立に係らず、必要と認められる方。
なお、明らかに自立と判断できる方については、区市町村の判断により要介護認定を省略できます。

3.費用の負担
給付を受けた方は、その費用の10%を負担します。

※工事後に申請しても助成されません。必ず事前に専門業者や市区町村役場にご相談ください。

複数社から届く査定額をじっくり比較検討する事が出来ます

東京・神奈川・横浜・川崎・埼玉・千葉の中古マンションや京都・大阪・愛知・兵庫の新築一戸建てをお探しの方へ、「住宅の楽待」は不動産情報提供サイトです。

Copyright(C)FirstLogic.Inc All Rights Reserved.