マンション・一戸建てのマッチングサイト - 住宅ナビ -特許取得済み

不動産投資の楽待

一戸建て まるわかりコラム

河名紀子 河名 紀子(かわな のりこ)
合言葉は「人とメディアと住まいをハッピーにつなぐ」
メディアや講演などを通して、住宅業界と消費者・生活者をハッピーにつなぐ橋渡し役をめざしているハウジングジャーナリスト、メディア・ハウジング研究所代表の河名氏が、一戸建ての基礎知識や最近のトレンドについてまるごと解説いたします。
第5回 その建売分譲住宅は大丈夫?誰でもできるチェックポイント
公開日 2009/4/24
外観やデザインはよく見えるけど、その奥の部分まではなかなか見えにくい建売住宅。注文住宅なら工事過程で施工途中の構造躯体を施主が見て納得することができますが、建売分譲は内部の構造部分や基礎部分まで見えず、また長く住むにあたってはデザインよりもこうした構造部分が重要になってくるだけに、不安を抱く人も少なくないのではないでしょうか。
 
建売戸建てだからこそ重要になるチェック
注文住宅と建売住宅が価格・性能面での垣根が低くなっているとはいえ、全部が全部、例えばハウスメーカーで建てる注文住宅と同レベルの性能があるとは断言できないのが実情です。やはり土地を買ってそこに建物を建てる場合よりも1000〜1500万円安い背景には、建売業者の徹底したローコスト主義があり、場合によっては性能や強度が万全でなかったり、建設現場の無理が犠牲になっていることもないとは限りません。

また、土地を効率よく小分けした狭小敷地にギリギリに建てられた住宅や、1階部分をほとんどビルトインガレージにしている建売住宅は、耐震性や景観の面でも疑問が全くないわけではありません。

以上を踏まえたうえで、「それでも建売住宅を買いたい」という人には、以下の点をポイントにその物件と販売・施工会社をチェックしてみてはいかがでしょう。
 
制度・役所・知人などあらゆる面でチェック

(1)物件もしくは会社が、一定以上の性能を保証する住宅性能表示制度や完成保証制度(万一、業者が倒産しても工事を受け継ぐ体制があるか)に登録しているか。「制度に登録している」と言われたら、念のため住宅性能表示や完成保証制度の登録証のコピーを見せてもらいましょう。

(2)現在新築される住宅はすべて、建売住宅も住宅品質確保促進法(品確法)により基礎構造部分について10年間の瑕疵(かし)保証制度が義務付けられています。念のため、「基礎構造部分の瑕疵(欠陥)については10年間保証してもらえますか?」と担当者に確認してみましょう。(もし10年を超える保証期間があれば、会社が物件に対して自信をもっているという目安にもなります)

(3)過去に同じ販売・施工会社から買ったお客様と信頼関係が築けているかどうか。
(知人・友人の話が聞ければベスト。もし聞けるようなら販売会社に過去の事例を紹介してもらいましょう)

(4)適切な損害賠償保険もしくはそれと同等の保険に加入しているかどうか。

(5)建設業法そのほかの関連法規、消費者契約法などの法令に関して、過去に行政処分を受けたり法令違反をしていないか。(会社の住所がある自治体の役所に資料があります)

(6)知識が豊富で誠実かつ売り急いでいない営業担当者かどうか。買主と対応してくれるのは販売会社や営業マンです。施工するのは別の建築会社や下請け会社であることが多いので、その施工会社の情報についても公開してくれるかどうかが、住宅会社の誠意の表れでもあります。

「どこの会社に頼むか」よりも実は重要なのが、物件そのものの躯体強度や性能、土地地盤の強度などだったりします。次回は、一戸建てに住むなら知っておきたい2つの法律「品質確保法」と「住宅性能表示制度」について紹介します。

 
建売・中古一戸建ての見学時チェックポイント
見学に行く前に 家の規模は自分の予定と同じくらいか
デザイン・インテリアセンスは自分の好みに合っているか
設備機器の価格・デザイン・性能・使い易さ・省エネ
予算は合うか
築後何年たっているか
見学に行ったら 敷地周辺の環境はどうか、水害・土砂ガケ崩れなどに対する安全性は
日照・通風はどうか(1年を通じてどうか聞くと良い)、雪や塩害に対する配慮は
周辺の景観や環境への配慮は、自然を生かし、取り入れ、自然に融合する家か
内・外観、デザイン・インテリアセンスは良いか、仕上げはどんな物を使っているか
使い勝手が良く、家族が常に触れ合い、コミュニケーションがとれる間取りか
子供の遊び場はあるか、感性が育つか、過保護すぎないか、幼児や子供の安全性はどうか
健康や環境への配慮はどうか
建具の開閉はスムーズか、壁や柱にひびが入っていないか
収納スペースは十分か
換気・空調設備はどうなっているか
照明や設備機器のメーカーや種類、スイッチは使いやすいか、燃料費やメンテナンスは
中古なら以前の居住者への質問 家族構成はどうか
住み心地はどうか(具体的にどんなところがいいのかも聞いておく)
特に建築時に要望したことは何か
家造りでの失敗点、成功点、反省点、アドバイスは
間取りの工夫は何か
材料・仕上げ、設備機器などの使い心地はどうか
光熱費・取扱いの容易さ・メンテナンス、月々の燃料・維持費はどのくらいか、老後でも使い易いか
アフターサービスはどうか
今家を建てるとしたら、何を追加したいか

バックナンバー
第1回 今だから改めて考える、一戸建ての魅力・メリットとは?
第2回 一戸建ての「買い時」指標とは?
第3回 「土地付き戸建て」だから重要になる土地選び
第4回 建売分譲住宅の特徴と他との違い
第5回 その建売分譲住宅は大丈夫?誰でもできるチェックポイント
第6回 一戸建てに住むなら知っておきたい品確法と住宅性能表示
第7回 見えないから気になる「建売・中古一戸建ての工法」【木造編】
第8回 見えないから気になる「建売・中古一戸建ての工法」【鉄骨・鉄筋コンクリート編】
最終回 中古一戸建て売買の特殊な流れとチェックポイント

河名紀子 河名 紀子(かわな のりこ)
■プロフィール
上智大文学部卒業後、『東京新聞』にて編集局記者。1998年〜『住宅産業新聞』記者、住宅業界誌編集長を経て、2006年よりハウジングジャーナリストとして活動。記者時代は、ハウスメーカーや工務店、国会議員や業界トップ陣へのインタビューなどに携わる。
現在は新聞・雑誌・TV・講演等で住宅最新情報を発信するほか、住宅展示場の主婦・女性向けプロジェクトの企画プロデュースなども展開。モットーは「分かりにくい住まいの世界を、生活者・女性・妻・母の視点で分かりやすく」。
メディア・ハウジング研究所のホームページはこちら

複数社から届く査定額をじっくり比較検討する事が出来ます

東京・神奈川・横浜・川崎・埼玉・千葉の中古マンションや京都・大阪・愛知・兵庫の新築一戸建てをお探しの方へ、「住宅の楽待」は不動産情報提供サイトです。

Copyright(C)FirstLogic.Inc All Rights Reserved.