間取りドクターサヤの“明るい間取り計画" - 住宅の楽待(らくまち)

不動産投資の楽待

間取りドクターサヤの“明るい間取り計画"

間取りドクターサヤ 中田 早耶(なかた さや)
東京大学大学院で住宅・都市解析を学んだ才媛
自称“間取りドクター"サヤが
間取りを通して見えてくる家族と住宅の関係を紐解きます。
第1回 新婚さん、これから結婚する人のためのマンション選び(1)
公開日 2010/5/13
はじめまして。
間取りドクターサヤこと中田早耶です。
この連載では、家族と間取りについて、
ライフステージ別に書いていきます。

住宅は家族のもの、そして色々な家族があれば、
その家族にあった間取りもそれぞれに違ってきます。
住宅を考えるということは同時に
家族についても考えるということだと私は思います。

購入する前に、二人でじっくり話し合おう
数年間夫婦生活を続けている場合と違って、これから結婚する、あるいは結婚してからの期間が短いカップルの場合、お互いの考えについてよく話し合うことがとても重要になってきます。

ある程度一緒に住んでいれば、だいたいの生活パターンや家事分担など家に関わることが分かっていると思いますが、その期間がなく住むところを購入するとなると、まだまだお互い実際生活してみるとどうなるかわからないので、住んでから不満がでないようにするには、話し合いで解決するしかありません。

結婚という大きなイベントで、家のことまでじっくり考える余裕はなかなかないと思いますので、是非このコラムを参考に重要なポイントをおさえて、お互いの主張はきちんと述べつつ、無理なく譲り合う気持ちを大切に、話し合いを進めて頂きたいと思います。

最初に押さえておきたいポイント
まずはお金について。まず、生活費としてどの程度使うか、考えてみましょう。それぞれ欲しいおこづかいの額についても同時に話し合う必要がありますね。その金額から、どの程度住宅にお金がかけられるかがわかります。

また、多くの方が購入する際に住宅ローンを利用されると思いますが、共働きの夫婦でも、家を買う際に二人が働くという前提でローンを組むのは危険です。これからの二人には働き方に関する様々な変化が予想されます。理想としては、片方の収入で無理なくローンを組める、という形がいいと思います。

次はエリアです。通勤時間、利便性、住環境は必ず押さえておきたいポイントです。また、自分達の好みやライフスタイルにあった場所ということも、生活をより楽しむためには押さえておきたいポイントです。実家がそれほど遠くない場合、どのような距離感が必要かということも考える必要があります。子供ができた場合やお互い病気になった場合近い方がいい、という考えもありますし、親に干渉されるのは嫌だからある程度距離が欲しいなど、人それぞれだと思います。

お金とエリアについておさえたら、どんなタイプの物件がいいか考えましょう。 ポイントは2つ。
1つはどんなタイプのマンションがいいかということです。低層なのか、中層なのか、タワーマンションなのか、その他にも色々なタイプのものがあります。がっちりと案を固めてしまう必要はありませんが、それぞれのマンションに長所と短所があり、向いている暮らし方や家族も違ってきますので、ある程度候補は絞っておきましょう。

2つ目は、新築か中古かということです。好みの問題なので、どちらでもいいのですが、二人にとってどちらがいいのか、お財布とも相談して話し合っておきましょう。また、これから家族が増えたり、住む場所を変える必要が生じたりしたときに、次の買い主がつく物件がどうか、ということもよく考えておく必要があります。
前半  後半

バックナンバー
第1回 新婚さん、これから結婚する人のためのマンション選び(1)
第2回 新婚さん、これから結婚する人のためのマンション選び(2)
第3回 新婚さん、これから結婚する人のためのマンション選び(3)
第4回 子育て期の家族のための間取りのポイント
第5回 乳幼児期の子供のいる家族のためのマンションの間取り
第6回 2人目が産まれた家族のためのマンションの間取り
第7回 子供が小学校に入る前の家族のためのマイホーム選び 「マンションvs戸建て」編
第8回 子供が小学校に入る前の家族のためのマイホーム選び「勉強する間取り」編
第9回 マイホームで忘れがちな「お父さん」「お母さん」の居場所を作ろう
第10回 マイホームの間取りの収納チェックポイント
第11回 家族が自然とコミュニケーションがとれる間取りのコツ
最終回 物件選びに役立つ間取りの見かた5か条 

“間取りドクターサヤ" 中田 早耶(なかた さや)
■プロフィール
間取り図で博士号をとった、自称「間取りドクター」

人が主役の住まいをサポート「CASA SAYA(カーサ・サヤ)」代表。
業務内容は間取り相談・住まいカウンセリングなど。

京都工芸繊維大学にて建築設計を学び、
東京大学大学院にて修士・博士号取得。

日本学術振興会特別研究員を経て、
現在客員研究員として東京大学に在籍。

専門は住環境、住宅・都市解析。
建築学会、都市住宅学会所属。

■WEB
人が主役の住まいをサポート「CASA SAYA(カーサ・サヤ)」
ブログ「間取りドクターサヤのアラウンド間取り図

複数社から届く査定額をじっくり比較検討する事が出来ます

東京・神奈川・横浜・川崎・埼玉・千葉の中古マンションや京都・大阪・愛知・兵庫の新築一戸建てをお探しの方へ、「住宅の楽待」は不動産情報提供サイトです。

Copyright(C)FirstLogic.Inc All Rights Reserved.