間取りドクターサヤの“明るい間取り計画" - 住宅の楽待(らくまち)

不動産投資の楽待

間取りドクターサヤの“明るい間取り計画"

“間取りドクターサヤ" 中田 早耶(なかた さや)
東京大学大学院で住宅・都市解析を学んだ才媛
自称“間取りドクター"サヤが
間取りを通して見えてくる家族と住宅の関係を紐解きます。
第4回 子育て期の家族のための間取りのポイント
公開日 2010/10/01

今回からはすでにお子さんがいる家族のための間取りについて解説していきます。
第4回目は、お子さんがいる家族が住宅の間取りを選んだり計画したりする際に最初に考えておきたいポイントを説明します。


みんなで話し合いをする

まずは家族で話し合いの場をもちましょう。第一回目のコラムも参照して頂ければと思います。
夫婦でも新しい家に対する要望は大きく違っていたりすることもあるのできちんと時間を設けて話し合いをすることはとても大切です。また、お子さんがある程度大きければ、話し合いに参加させてあげると新しい家への愛着もわきますし、いい経験になると思います。

第一回目の新婚さんの場合と違うところは、子供について具体的に考えておくことが必要だということです。特に成長に応じて間取りをどうするかはまだ小さいお子さんがいる場合よく考えておいたいポイントです。また夫婦2人だけの時期と違って家族が増えた分、人間関係も複雑になってきます。個人と夫婦、家族それぞれの単位で間取りに対する要望も違ってくるので、混乱しないように整理しながら話し合いを進めるのがポイントです。


子供の成長を考慮しておく

お子さんがいる家族の場合、必ず考えていただきたいのが子供の成長段階ごとに理想の間取りが変わっていくことです。
それぞれの段階にあわせて家具のレイアウトを変えたりリフォームしたりするのか、ある段階にあわせるのか、あらかじめ成長することを見込んだ間取りの計画をたてましょう。

広さだけでも図のように子供の年齢によって必要な広さは大きく違ってきます。
小さいうちは、リビングで大人と一緒に遊び寝るときも親と一緒で、子供だけのスペースはあまり必要としません。
しかし、成長と共に自分たちだけのスペースも欲しがりますし、持ち物も増えます。どの段階で子供部屋を与えるかはご家庭の方針によって違うと思いますが、中高生くらいのお子さんが2人もいれば必要な広さはかなり増えます。ところが、その数年後18歳以降は大学進学や就職、結婚を期に家を出て行き、夫婦だけの生活になります。

お子さんの数や年齢差によってこの図は変わりますので、ご自分の家族の場合はどうか考えてみてください。

また、間取りだけでなくエリアもどこの学区がいいか、子育てのしやすい環境を選ぶかどうか、長い目でみて考えておく必要があります。


ひとりひとりの要望とみんなの要望ごとに優先順位をつける

間取りに対する要望は優先順位をつけておくと間取りを計画する際に取捨選択がしやすいです。
「絶対譲れないこと」
「なるべくかなえたいこと」
「余裕がなければ譲ってもいいこと」
というように3段階以上で分けておくとよいでしょう。

また、お子さんがいる家族の場合は、個人の要望と家族全員の要望を分けて考えること、またスペース同士の関係を考えておくことが大切です。
このことについて順を追って説明します。

1. まずは家族ひとりひとり、個人単位での新しい家に対する要望を出していきましょう。あとで不満が出ないよう、この段階では遠慮せずに自由に考えてみましょう。
2. 次に夫婦での要望をまとめます。寝室や家事、仕事場のことなど大人の時間と空間に関する箇所の間取りはどのようなものがいいか二人で相談して要望をまとめます。
3. お子さんがある程度大きければ、子供部屋をどうしたいか兄弟で相談させるのも良いでしょう。
4. 大人の空間と子供の空間に対する要望がまとまったら、両者がどのような関係だと良いかみんなで話し合います。
例えば夫婦の寝室と子供部屋はどんな配置になっていると良いでしょうか?
プライバシーを保つために距離をとるのか、コミュニケーションを重視して近くに配置するのか、家族によって違う答えがでてくると思います。
5. 個室と共有スペースの関係はどうしたいか考えます。
個室のエリアと共有スペース(LDKなど)はきちんと分かれているほうが快適という家族もあれば、共有スペースを中心に個室が配置されている方が顔を合わせやすくていいという家族もあると思います。
6. お客様が多い家族の場合はお客様が使うスペースと家族のスペースの関係も考慮しておきましょう。
気を使うお客様であれば生活感のある空間は見られないように配慮したいですね。
友人など気楽なお客様が多い場合はリビングを広めにとるなどゆっくり寛いでいただけるようにしましょう。

バックナンバー
第1回 新婚さん、これから結婚する人のためのマンション選び(1)
第2回 新婚さん、これから結婚する人のためのマンション選び(2)
第3回 新婚さん、これから結婚する人のためのマンション選び(3)
第4回 子育て期の家族のための間取りのポイント
第5回 乳幼児期の子供のいる家族のためのマンションの間取り
第6回 2人目が産まれた家族のためのマンションの間取り
第7回 子供が小学校に入る前の家族のためのマイホーム選び 「マンションvs戸建て」編
第8回 子供が小学校に入る前の家族のためのマイホーム選び「勉強する間取り」編
第9回 マイホームで忘れがちな「お父さん」「お母さん」の居場所を作ろう
第10回 マイホームの間取りの収納チェックポイント
第11回 家族が自然とコミュニケーションがとれる間取りのコツ
最終回 物件選びに役立つ間取りの見かた5か条 

“間取りドクターサヤ" 中田 早耶(なかた さや)
■プロフィール
間取り図で博士号をとった、自称「間取りドクター」

人が主役の住まいをサポート「CASA SAYA(カーサ・サヤ)」代表。
業務内容は間取り相談・住まいカウンセリングなど。

京都工芸繊維大学にて建築設計を学び、
東京大学大学院にて修士・博士号取得。

日本学術振興会特別研究員を経て、
現在客員研究員として東京大学に在籍。

専門は住環境、住宅・都市解析。
建築学会、都市住宅学会所属。

■WEB
人が主役の住まいをサポート「CASA SAYA(カーサ・サヤ)」
ブログ「間取りドクターサヤのアラウンド間取り図

複数社から届く査定額をじっくり比較検討する事が出来ます

東京・神奈川・横浜・川崎・埼玉・千葉の中古マンションや京都・大阪・愛知・兵庫の新築一戸建てをお探しの方へ、「住宅の楽待」は不動産情報提供サイトです。

Copyright(C)FirstLogic.Inc All Rights Reserved.