間取りドクターサヤの“明るい間取り計画" - 住宅の楽待(らくまち)

不動産投資の楽待
住宅 > 住まいのお役立ち情報 > 間取りドクターサヤの“明るい間取り計画" > 第11回 家族が自然とコミュニケーションがとれる間取りのコツ
間取りドクターサヤの“明るい間取り計画
第11回 家族が自然とコミュニケーションがとれる間取りのコツ
公開日 2011/6/28

家族みんなが仲良く、コミュニケーションが自然にとれるようなマイホーム。多くの人の憧れですね。
間取りを考える際の要望をお聞きすると、多くの方が高い優先順位に挙げられます。
家族のコミュニケーションが希薄だと言われる昨今、マイホームでそれを少しでも解消したい、という気持ちが見え隠れしているようにも思います。

しかし、どんな家族にも効くコツというのはありません。
まずは、自分と家族の日常について考えてみましょう。
一番大切なポイントは家族が集まる時間に何をして過ごしているかということです。
では、家族一緒の時間の過ごし方別にコツを紹介しますので、我が家にはどれが合うか考えてみてくださいね。


集まるのはもっぱらリビング

ご飯を食べる時間や寝る時間がそれぞれ違っても、みんながリビングに集まるという家族。
自然と家族が集まるためには、リビングを中心に間取りを考えていきます。
また、ソファ派か床座派か、テレビは必要かないほうが良いか、などより家族のコミュニケーションを高めるためにどんな空間が良いか想像をふくらましてみんなで話し合ってみましょう。

「和室で掘りごたつにテレビ」でテレビを観ながらおしゃべりでも良いですし、「フローリングにソファセットに大きめのテーブル」で家族それぞれPCをしたり、雑誌を読んだりしながら同じ時間を過ごすのも良いと思います。


食事の時間しか集まれない

子供も大人も忙しい昨今。
食事のときだけは家族揃って食べる、と多少ルール化して家族一緒の時間を作っているお宅も多いのでは?

こういう場合は思い切って食事の時間をより楽しくする工夫をしてみましょう。
今流行なのはアイランドキッチンとつながったダイニングテーブル。「料理」と「食事」が同時にできて、家族が料理に参加しやすいのが特徴です。
ダイニングとキッチンを一緒にしてしまって「食堂」のようなスペースをゆったりとるのもおすすめです。

料理する空間と食べる空間が一緒になることで料理する人も食事をする人もコミュニケーションがとりやすくなります。
また、朝・昼・晩とどのタイミングで家族が揃うことができるかもポイントです。
朝なら東からの光がさす場所で小さめのテーブルでも良いですし、夜ならゆったりと座れるスペースで照明もくつろいだムードになるようにしたいですね。

前編



バックナンバー
第1回 新婚さん、これから結婚する人のためのマンション選び(1)
第2回 新婚さん、これから結婚する人のためのマンション選び(2)
第3回 新婚さん、これから結婚する人のためのマンション選び(3)
第4回 子育て期の家族のための間取りのポイント
第5回 乳幼児期の子供のいる家族のためのマンションの間取り
第6回 2人目が産まれた家族のためのマンションの間取り
第7回 子供が小学校に入る前の家族のためのマイホーム選び 「マンションvs戸建て」編
第8回 子供が小学校に入る前の家族のためのマイホーム選び「勉強する間取り」編
第9回 マイホームで忘れがちな「お父さん」「お母さん」の居場所を作ろう
第10回 マイホームの間取りの収納チェックポイント
第11回 家族が自然とコミュニケーションがとれる間取りのコツ
最終回 物件選びに役立つ間取りの見かた5か条 

“間取りドクターサヤ" 中田 早耶(なかた さや)
■プロフィール
間取り図で博士号をとった、自称「間取りドクター」

人が主役の住まいをサポート「CASA SAYA(カーサ・サヤ)」代表。
業務内容は間取り相談・住まいカウンセリングなど。

京都工芸繊維大学にて建築設計を学び、
東京大学大学院にて修士・博士号取得。

日本学術振興会特別研究員を経て、
現在客員研究員として東京大学に在籍。

専門は住環境、住宅・都市解析。
建築学会、都市住宅学会所属。

■WEB
人が主役の住まいをサポート「CASA SAYA(カーサ・サヤ)」
ブログ「間取りドクターサヤのアラウンド間取り図

複数社から届く査定額をじっくり比較検討する事が出来ます

東京・神奈川・横浜・川崎・埼玉・千葉の中古マンションや京都・大阪・愛知・兵庫の新築一戸建てをお探しの方へ、「住宅の楽待」は不動産情報提供サイトです。

Copyright(C)FirstLogic.Inc All Rights Reserved.