アラサーテキトウ夫婦の新築マンション購入記 - 住宅の楽待(らくまち)

不動産投資の楽待

アラサーテキトウ夫婦の新築マンション購入記

まりも まりも
「新築マンションが欲しい!」
と思っていたわけではないアラサーテキトウ夫婦が
新築マンションを勢いのみで購入。
反省も含め賢いマンションの買い方を伝授します!

※まりもさんのブログ「新築マンション購入辞典」より転載。
第4回 新築マンションが激安で買えたとしたら?
公開日 2010/6/7
新築・中古に関わらず。
私たち夫婦は、不動産という資産を持つということには否定的な意見でした。

一番の理由は、やはり金額でしょう。
確実にローンを組まなければ、手に入らないわけです。
「借金してまで、物は買わない」というのが、基本スタンス。
それは、たとえ家であっても同じことです。

ローンは要するに、借金なわけだから!

しかし、そうやって決め込んでいた私たちにも。
激安なこの新築マンションの広告は、インパクトが大きかったのです。



実は、このとき住んでいたのは、築30年を超えた府営団地でした。
エレベーターの設置義務がない5階建の建物の・・・5階に住んでいました。
大量にお買い物をしたときなんかは、階段を上るのがきつくてたまりません・・・

古い住宅なので、上下の生活音がよく響きますし。
最寄りの駅も遠い。(その分、バスの本数はとても多かったですけれど)

決して、住み心地はいいとは言えませんでした。
けれど、その分家賃も安かったので。
あえて引っ越すかと言われると、難しいのです。

もう少し便利な物件に引っ越そうと思うと。
どうしたって、お家賃が高い。

便利さのためだけに、高い家賃を払うのかと言われると・・・
「多少の不便さは我慢しよう」と思ってしまうワケなのです。

なので、毎日。
「不便だ〜不便だ〜」と言いながらも。
住み続けていました。

そんな中放り込まれた3LDKの間取りで1300万円というこの新築マンションの広告は。

「家は高いから買わない」
「新築なんて到底無理」
そんな私たちの常識を覆してしまうようなお値段設定だったのです。

さらにこう書いてあります。

月々の支払いは4万円代から!!

むむむむ?
これって、府営団地に払っているお家賃よりも、かなり安いんです。

本当にこの激安っぷりならば、新築マンション買うのありなのかもしれない。
なーんて、思ってしまったのでした。

広告に弱いとか・・・激安に弱いとか・・・言っちゃダメ!(汗)

BACK
NEXT

バックナンバー
第1回 新築マンションなど買う気はなかった!
第2回 新築マンションの広告
第3回 新築マンションと不況の関係
第4回 新築マンションが激安で買えたとしたら?
第5回 新築モデルルーム体験
第6回 新築モデルルームの恐ろしさとは?
第7回 新築マンション広告のからくり
第8回 新築マンションの抽選?

まりも まりも
■プロフィール
大阪在住の専業主婦。
年齢はアラサー(30歳と少しデス)。
趣味は読書とゲーム(ある意味ひきこもり?)

マンションを買うときに知っておいたほうがいいことって。
きっとあるのだと思います。

しかしほとんど勉強せずに買ってしまった私たちは。
幸い大きな失敗をしたとは、今のところ思っていません。

将来どんな生活スタイルを送りたいのか?

この1点を明確にするだけで、おのずと買うべき家はしぼられてきます。

決して、営業さんに惑わされず。
自分たちが将来にわたって払えるだろうお金と相談しながら。
一番自分たちが大切にしているものをしっかりと見据える。

そうすれば、戸建がよいのか。
分譲マンションがよいのか。
そもそも、賃貸ではダメなのか。

たくさんのことが見えてくると思います。

私たち夫婦は、やや勢い余って買ってしまいましたが。
おおむね、買って満足しています。

もうちょっと勉強しておくべきだったかな?と思うところも含め。
小さなマンション購入体験ではありますが。
コツコツと、綴っていきたいと思っています。

もしも、私の書いたひとつの記事が。
誰かのお役に立てれば、幸いです。

よろしくおねがいします。

※まりもさんのブログ「新築マンション購入辞典」より転載。

複数社から届く査定額をじっくり比較検討する事が出来ます

東京・神奈川・横浜・川崎・埼玉・千葉の中古マンションや京都・大阪・愛知・兵庫の新築一戸建てをお探しの方へ、「住宅の楽待」は不動産情報提供サイトです。

Copyright(C)FirstLogic.Inc All Rights Reserved.