アラサーテキトウ夫婦の新築マンション購入記 - 住宅の楽待(らくまち)

不動産投資の楽待

アラサーテキトウ夫婦の新築マンション購入記

まりも まりも
「新築マンションが欲しい!」
と思っていたわけではないアラサーテキトウ夫婦が
新築マンションを勢いのみで購入。
反省も含め賢いマンションの買い方を伝授します!

※まりもさんのブログ「新築マンション購入辞典」より転載。
第5回 新築モデルルーム体験
公開日 2010/6/11
新築マンションを買うのかどうかはおいといて・・・

気になるのなら実際に見に行ってみよう!ということになりました。

見るのはタダですから。



ひとまず広告に記載されている販売事務所へ行くことに。
初めての、モデルルーム見学ですから、ちょっとドキドキですね。

当時住んでいた団地の最寄り駅から徒歩数分のところに。
マンションの販売事務所がありました。

まず目に映るのは、「成約済み」と書かれた紙がペタペタ貼ってある家電製品です。
大型液晶テレビや、冷蔵庫や、洗濯機などいろいろ揃ってます。

恐らく、マンション購入の契約を結べば、家電製品がもらえるよっ!的な。
そういうキャンペーンの品々だと思われます。

事務員ぽいお姉さんに、紙を渡されてまずはアンケートの記入です。
これが、結構詳しく聞かれるのです。
個人情報の管理は大丈夫なんだろうか・・・?と疑問に思うくらいの内容。


・住所
・氏名
・電話番号
・家族構成
・世帯年収
・旦那さまの会社名
・さらには勤続年数
・住宅購入の資金
・ほかに検討中の住宅は?

などなど、なんだか、面倒です。
書いている途中で、旦那さまは、「帰りたい・・・」と言いだす始末。

どんなお部屋なのだろう?
本当に、広告通りの値段で販売しているのかしら?

ちょっとした好奇心を抱いただけで、モデルルームへ足を運んでみたわけですが。
年収やら、住宅購入の資金やら。
話もする前から、あれやこれやと書かされるのは気分のいいものではありませんね。

あちらも商売ですから仕方ないのですが。
気軽に見せてもらって、帰ってこれるというような。
そんな物ではないようです。

あからさまに、「ひやかしですっ!」という態度をとっておけば、
あんまり相手にされなくて、楽なのかしら?

さてさて、アンケートの記入を終えたところで。
今度はスーツ姿のお兄ちゃん(20代後半くらいかな?)が出てきました。
いわゆる、営業さんってやつですね。

アンケートが思いのほか細かに聞かれたので、
ちょっとばかり不愉快だったというのもあり。


・本当に1300万とかなら考えてもいいかな〜というレベル
・どうしても家が欲しいとか、新築に住みたいとは思っていない
・ただ、単純に、どんなものか見に来ただけとこちらの要点を伝えました。

買う気マンマンだと思われたら、面倒くさいですし・・・!
アンケートでこと細かに聞かれると、警戒心みたいなものが働くんですよね。

絶対相手のペースになんてのせられたくない!!
なんて、構えてしまいます。
けれど、これも重要なことなんですよね。


・言いたいことは、はっきりと言う。
・伝えるべきことは、しっかり伝える。
・聞きたいことは、しつこいくらい聞く。
・相手の言うことは軽く聞き流す(真に受けない)

このあたりのことを徹底していけば。
自分たちのペースで、お話を進められると思います。

この営業さんは、割とスッキリしていて。

「わかりました!じゃぁ早速見に行きましょう!!」

ということになりました。

このマンションの営業さんは、無駄な説明をしないのがいいところ。
押し売りするような雰囲気は、最後までなかったですね。

だけど・・・
営業さんの好感度だけで、大きな買い物はできなかったりするわけです。(後日談)

BACK
NEXT

バックナンバー
第1回 新築マンションなど買う気はなかった!
第2回 新築マンションの広告
第3回 新築マンションと不況の関係
第4回 新築マンションが激安で買えたとしたら?
第5回 新築モデルルーム体験
第6回 新築モデルルームの恐ろしさとは?
第7回 新築マンション広告のからくり
第8回 新築マンションの抽選?

まりも まりも
■プロフィール
大阪在住の専業主婦。
年齢はアラサー(30歳と少しデス)。
趣味は読書とゲーム(ある意味ひきこもり?)

マンションを買うときに知っておいたほうがいいことって。
きっとあるのだと思います。

しかしほとんど勉強せずに買ってしまった私たちは。
幸い大きな失敗をしたとは、今のところ思っていません。

将来どんな生活スタイルを送りたいのか?

この1点を明確にするだけで、おのずと買うべき家はしぼられてきます。

決して、営業さんに惑わされず。
自分たちが将来にわたって払えるだろうお金と相談しながら。
一番自分たちが大切にしているものをしっかりと見据える。

そうすれば、戸建がよいのか。
分譲マンションがよいのか。
そもそも、賃貸ではダメなのか。

たくさんのことが見えてくると思います。

私たち夫婦は、やや勢い余って買ってしまいましたが。
おおむね、買って満足しています。

もうちょっと勉強しておくべきだったかな?と思うところも含め。
小さなマンション購入体験ではありますが。
コツコツと、綴っていきたいと思っています。

もしも、私の書いたひとつの記事が。
誰かのお役に立てれば、幸いです。

よろしくおねがいします。

※まりもさんのブログ「新築マンション購入辞典」より転載。

複数社から届く査定額をじっくり比較検討する事が出来ます

東京・神奈川・横浜・川崎・埼玉・千葉の中古マンションや京都・大阪・愛知・兵庫の新築一戸建てをお探しの方へ、「住宅の楽待」は不動産情報提供サイトです。

Copyright(C)FirstLogic.Inc All Rights Reserved.