アラサーテキトウ夫婦の新築マンション購入記 - 住宅の楽待(らくまち)

不動産投資の楽待

アラサーテキトウ夫婦の新築マンション購入記

まりも まりも
「新築マンションが欲しい!」
と思っていたわけではないアラサーテキトウ夫婦が
新築マンションを勢いのみで購入。
反省も含め賢いマンションの買い方を伝授します!

※まりもさんのブログ「新築マンション購入辞典」より転載。
第6回 新築モデルルームの恐ろしさとは?
公開日 2010/6/16
新築マンションの激安広告につられてモデルルーム見学の私たち夫婦。
もともとたいして買う気なんてないんです。

ただ、そこにあったのは、好奇心。
いったいどういうワケで新築の3LDKが1300万なのか?
ということを知りたかったのです。
フラフラと、ちょっと洋服でも見るような気持ちだったのです。

しかし・・・
初めて新築マンションのモデルルームを見たときに自分の身に起きたことは。
まさか考えもしなかった恐ろしい現象でした。



モデルルームというと、どんなイメージがありますか?
私、マンションとは別にわざわざ作った展示用のお部屋をイメージしていました。
マンションが建つ前に、お部屋をイメージさせて、売りきってしまうパターンですね。
(私はバブル期の人間ではないハズなのに・・・)

この事務所のどこに、そんなデカイお部屋があるんだろう?
と・・・キョロキョロ見渡す私のことなどまるで気にせず。
営業さんは「じゃぁ現地に行きましょう!」と言います。

よくよく聞くと、このマンションもう完成しているらしいのです。
そんなことも知らずに、ノコノコ出かけるとは、ほんとお気楽なものです。
なので、実際販売しているお部屋をすぐに見ることができるのですね。

しかも、このマンション。
私たちが住んでいた府営団地の、すぐそばに建っていました。
夫婦ともども、そんなマンションが建っていたことに気づかないのはどーいうことだっ!

実際、現地についてみてびっくり。
こんなところにマンションつくってたんだ〜〜〜状態です。
それくらい近くに建っていました。

立地としては、よくないですね。
当時住んでいた府営団地も駅は遠いですし、どちらかと言うと不便な場所。
まぁ、すぐそばに住んでいるので、土地勘だけはあります。

マンションの外観はいたって普通。
豪華そうには見えませんが、決してみすぼらしくもありません。
全然アリな感じです。

問題は、お部屋の中です。

いいですか?
ここは重要なので、注意して聞いてください。


新築マンションに実際足を運んでみたら、必ず欲しくなります。


家になんぞ興味がなかった私も、旦那さまも。
「うわぁ、新築ってやっぱキレイやなぁ〜住みたいなぁ〜」
と、、、口を揃えて言ってしまいました。

それまでせっかく、営業さんをけん制しながら、
買う気は表に出さないんだぜ?と思っていた私たちですが。
物件そのものを見たとたん・・・緩んでしまいました。

それだけ、新築物件てキレイなのですよ!!(当たり前ですけど・・・)
しかも分譲マンションは、たいてい暮らしやすいように様々な最新設備がついています。

キッチンも、お風呂も、とにかく使いやすそう。
白いピカピカのフローリングに、大きな窓のついた広いリビング。
なにからなにまで、今最新の住宅を見ると・・・
憧れの気持ちがムックリと湧いてきてしまうのです。

新築マンションのモデルルームの恐ろしさとはなにか?


それは、どーしても買いたいという気持ちに勝てなくなってくるということです。

まぁ・・・
それまで私たちが住んでいた住宅が築30年越えの古い古い団地だったから・・・
余計に新築マンションへの憧れが強く出てしまったという部分は大きいかもしれません。

BACK
NEXT

バックナンバー
第1回 新築マンションなど買う気はなかった!
第2回 新築マンションの広告
第3回 新築マンションと不況の関係
第4回 新築マンションが激安で買えたとしたら?
第5回 新築モデルルーム体験
第6回 新築モデルルームの恐ろしさとは?
第7回 新築マンション広告のからくり
第8回 新築マンションの抽選?

まりも まりも
■プロフィール
大阪在住の専業主婦。
年齢はアラサー(30歳と少しデス)。
趣味は読書とゲーム(ある意味ひきこもり?)

マンションを買うときに知っておいたほうがいいことって。
きっとあるのだと思います。

しかしほとんど勉強せずに買ってしまった私たちは。
幸い大きな失敗をしたとは、今のところ思っていません。

将来どんな生活スタイルを送りたいのか?

この1点を明確にするだけで、おのずと買うべき家はしぼられてきます。

決して、営業さんに惑わされず。
自分たちが将来にわたって払えるだろうお金と相談しながら。
一番自分たちが大切にしているものをしっかりと見据える。

そうすれば、戸建がよいのか。
分譲マンションがよいのか。
そもそも、賃貸ではダメなのか。

たくさんのことが見えてくると思います。

私たち夫婦は、やや勢い余って買ってしまいましたが。
おおむね、買って満足しています。

もうちょっと勉強しておくべきだったかな?と思うところも含め。
小さなマンション購入体験ではありますが。
コツコツと、綴っていきたいと思っています。

もしも、私の書いたひとつの記事が。
誰かのお役に立てれば、幸いです。

よろしくおねがいします。

※まりもさんのブログ「新築マンション購入辞典」より転載。

複数社から届く査定額をじっくり比較検討する事が出来ます

東京・神奈川・横浜・川崎・埼玉・千葉の中古マンションや京都・大阪・愛知・兵庫の新築一戸建てをお探しの方へ、「住宅の楽待」は不動産情報提供サイトです。

Copyright(C)FirstLogic.Inc All Rights Reserved.