働く女性のためのマンション購入 - 住宅ナビ

不動産投資の楽待
マンション評価ナビ「大久保恭子」の働く女性のためのマンション購入
公開日 2010/12/22

都心VS郊外 キャリア志向なら都心がお勧め

働く女性にとって、マンションタイプの大きな分類の軸は、都心型か郊外型かという立地です。

2つのうちどちらを選ぶかで、日常の暮らしから将来の資産価値までがある程度決まってしまいます。
立地タイプの違いは、住環境、マンションプラン、新築時の品ぞろえ=買いやすさ、中古時の売りやすさ=将来の価値など、色々な面に出てきます。 以下の表で比較検討してみましょう。

いきなり結論ですが、ずっと働き続けたいキャリア志向の女性なら、郊外型より都心型がお勧めです。 将来結婚して出産した後、働きながら子育てするにしても、子供を持たずにキャリアを積んでいくにしても、職住近接ですから、通勤に割く時間が少なくて済む分、勉強したり、文化にふれるゆとりを持つことができます。

もちろん、子供の世話に割く時間も確保できます。
また、買いやすさの面では、価格水準が高い分、理想的な広さを確保することは難しいと思いますが、供給量も比較的多く選択肢も広がる分、自分にあったマンションにめぐりあう確率が高いといえるでしょう。

ただし、新築だけに目をむけていると、案外希望エリアには物件が少ないという事実に直面してしまいます。
そこで、中古も視野にいれて探すことをお勧めします。
中古なら築15年を越すと、新築に比べ価格が4割以上安くなる傾向が見られますので、広さを妥協しなくても済みます。

また、一旦マンションを買ったものの、転勤や結婚、出産による家族構成の変化で、住み替えなくてはならない場合もありますが、中古流通量、成約件数とも都心型のほうが活発な動きをします。

活発ということは、需要が多いということですから、売却しやすく、価格の低下率も低く、将来価値の面でも有利でしょう。

のちのちのことを考えても、都心型が良いと考えます。
広さは多少妥協しても近さ優先で選びましょう。
ただし、ゆくゆくは、子育てしたいという意向の強い女性で、自然の豊かなところで伸び伸び育てるという明確な教育方針があるのであれば、郊外型が適しています。

郊外型マンションは子育てしやすい、というコンセプトで開発されるものが多く、共用施設もキッズスペースなどが設けられていて、同じような子育てファミリーを中心にコミュニティも形成され、子供が巣立つまでは充実した家族の暮らしが得られるでしょう。

ただし、子育てに良い立地は、はたして20数年後、夫婦ふたりにもどったときにも、良い立地といえるでしょうか。

郊外型を選ぶ際には、この点を意識しておくことが大切です。 それでは、都心VS郊外の比較表で、より詳しい違いを確認し、自分に合うのがどちらかを、見極めていただければと思います。


都心VS郊外 特色の違い

  都心型 郊外型
立地の定義 山手線主要駅から乗車時間20分以内 山手線主要駅から20分超〜40分以内
向く世帯 シングル、子育て意向のないDINKS、子育て意向のあるDINKS、子供の個性に合わせた教育をしたいDINKS・共働きファミリー、シニアと多様な世帯に向く 自然のなかで伸び伸び子育てしたいDINKS、ファミリーが中心
生活環境 職住近接かつ高度な文化・教育・レジャー機能もそろう。
時間を効率的に使いながら、質の高い暮らしが手に入る。

自然環境は高度に整備された大公園(代々木、新宿御苑、神宮外苑など)がある。
いわゆるベッドタウンなので生活に必要な施設はひととおり揃っている。高度な文化・教育レジャー機能はあまり期待できない。

少し足を伸ばせば海、山、川などの自然環境が身近にあり、子供が伸び伸び育つ。
マンション
のプラン
1LDK〜4LDKまで幅広い対象層に向けて開発される 子育て中心のファミリーが暮らしやすい3LDK、4LDK中心に開発される
新築の
品ぞろえ
2010年3月の供給動向を例に見てみると、都心エリアの供給量は23区・川崎・横浜で58%のシェアとなり、品ぞろえは郊外型より多く、自分にあったマンションにめぐりあう確率は高い 2010年3月の供給動向を例に見てみると、郊外エリア東京都下、神奈川県下、千葉、埼玉の供給量は42%で、都心型にくらべやや選択肢は狭まる
価格水準 2010年3月の供給動向を例に見てみると都心エリアである、23区のu単価は、 79.8万円となっており、郊外タイプにくらべて高い価格水準になっている。 2010年3月の供給動向を例に見てみると郊外エリアのu単価とカッコ内の数字は、23区エリアのu単価を100として見た場合の指数で、以下のとおりとなる。
都心型に比べて買いやすい価格水準になっている。
都下 58.4万円(73)神奈川 57,7万円(72)千葉 46.3万円(58)埼玉 48,8万円(61)
将来価値 2008年度の中古マンションの成約件数は首都圏全体で28,744件でした。
そのうち、都心型エリアである東京23区(10213件)と横浜・川崎(5909件)の成約件数は16,122件で全体の56%を占める。将来、買い換え意向なら、成約件数の多い=市場性の高い都心立地のほうがお勧め。

・ちょっと先の話だが、2050年には日本の人口は1億人をきることが予想される。
そうなれば、より都心に近いところに人口は集中する。
したがって都市型マンションへのニーズは人口が減っても安定的に確保できる。

老後の生活を支える資産として見ると、都市型のほうが価値は維持できる。
2008年度の郊外エリアの中古マンションの成約件数は、12,622件で、全体の44%を占めます。
東京都下2853件・10%、千葉4190件14.5%、埼玉3579件・12%、神奈川県下2000件・7%。

流通市場としてはやや規模が小さく、一度マンションを買えばそこに根をおろして、永住するという意向の方々に向いている立地といえる。

子育て中心の30代一次取得者が買い手の中心なので、40年もたつと、現在の多摩NTのような高齢化問題が生じる。

したがって、30代の子育て層も今より都心に近い、準郊外、準都心あたりの立地でマンションを求めるようになる。
こうしたことから郊外の将来価値は徐々に低下していくことが予想される
後編

バックナンバー
第1回 マンションを買えば、老後は安心か?
第2回 働く女性の買い時はいつ?
第3回 将来結婚、出産しても大丈夫なマンションは「立地」が決め手
第4回 不動産会社の営業マンに軽く見られない方法
第5回 一度の見学ですべてが分る現地チェックの方法
第6回 働く女性に向くマンション(1) 都心VS郊外
第7回 働く女性に向くマンションはどちら?(2) 大規模VS小規模
第8回  働く女性に向くのは何階?  高層VS低層
第9回 大震災を機に考える「安全・安心に暮らせるマンションとは」
第10回 新築VS中古!? マンションは築年数で見分けよう!
第11回 片付く立地選びのチェックポイント

大久保 恭子 大久保 恭子(おおくぼ きょうこ)
■プロフィール
1979年 リクルート入社
1987〜1999年 週刊住宅情報編集長
2000年 執行役員住宅情報事業担当
2003年 日立キャピタルに転職し、マーケティング担当事務役員
2005年 風 取締役社長
2007年 マンションのポータルサイト マンション評価ナビをOPEN

マンション・一戸建てのマーケティング・商品開発、コンサルテーション等を行う。国土交通省 社会資本整備審議会建築分科会委員、都市再生機構経営基本問題懇談会家賃部会委員等の公務歴あり。

■WEB
マンション評価ナビ
私基準のマンション選び
都心のマンションに住む

大久保恭子氏の著書
大久保恭子氏の著書をご紹介します。
マンション選びは「立地」がすべて
お片づけは『家ロジ』で。
お片づけは『家ロジ』で。


講談社
誰でもできる"驚異のお片付け革命"完成!
物件数千軒を見てきた元「住宅情報」編集長が、その経験を生かして編み出した、誰でもできる"驚異の片付けシステム「家ロジ」! これは画期的お片付け革命!


「家ロジ」とは!?物流システム「ロジスティクス」をお片付けに応用した、まったく新しい「お片付け」術です!モノだらけの家は大ケガの元で危険です!これからは「家ロジ」でスッキリ・シンプルな暮らしが安全・安心なのです。

この本を購入する

マンション選びは「立地」がすべて
誰も教えてくれない「不動産屋」の始め方・儲け方
マンション選びは「立地」がすべて


河出書房新社
リクルート『住宅情報』元編集長が教える、
絶対後悔しない物件選びのコツ。


マンション選びは住むにも売るにも「立地」がすべて。その立地を、元「住宅情報」編集長が、12のタイプに分類し、シングルやファミリー、シニアといったライフステージ別に絶対後悔しない物件選びのコツを伝授する。

この本を購入する

複数社から届く査定額をじっくり比較検討する事が出来ます

東京・神奈川・横浜・川崎・埼玉・千葉の中古マンションや京都・大阪・愛知・兵庫の新築一戸建てをお探しの方へ、「住宅の楽待」は不動産情報提供サイトです。

Copyright(C)FirstLogic.Inc All Rights Reserved.